1つの仕事、会社では物足りなくなってきたという人が増えてきた時代。誰もがいくつもの仕事をもって、稼ぐことができる情報を配信します。

複業生活でマルチな収入を得る

FX 資産運用

FXトレードでは自分を知る事が重要!焦らずトレードする方法とは

更新日:

現在、FXトレードでは金融庁の引き締めにより個人がFXトレードを行う場合には最大レバレッジが25倍になっています。まあ、以前のレバレッジ100倍や200倍と比べればはるかにリスクは低くなってはいます。

しかし、このレバレッジ25倍であってもその使い方を誤ると、とんでもなく大きな損失を出してしまう可能性が高くなるのです。

確かに、FXトレードにおいては小資金からでもレバレッジを高める事によって多額の取引が可能になり、結果として大きな利益を上げる事が可能になるという点が魅力の一つでもあります。

しかしそれは、レバレッジというFX最大の武器を正しく使いこなしている方だけが出来るのであって、レバレッジの使い方を誤っているとその逆になる可能性が非常に高いのです。

特にFXトレードが初めてという人は、いきなりレバレッジ25倍で取引をすると損失を出す可能性が高くなるのですが、その原因とは一体何なのでしょうか?

FXトレードでは自分の損失許容量を知る事が重要

FXトレードで重要な事の1つに自分の損失許容量を知るというものがあります。ちなみに、この損失許容量とは読んで字の如し許容(つまり許す事)が出来る損失量になります。

これはどういう事かと言うと、エントリー後の為替レートの動きに対して、自分がどれくらいの損失まで許る事ができるのかという事になります。そして、この損失許容量さえ分かっていれば、為替レートが反対方向に動こうがそれは全く気にならないからです。

この場合、結果としてストップに掛かった場合でも、それは損失許容量の範囲内ですので何も心配する事はありません。

ちなみに、この損失許容量ですが、当然ですがトレードする人によって違います。1回のトレードで、

1万円までならOK
資金量の1%までならOK
いやいや1,000円まででしょう

などなど。。。

逆に、損失許容量を把握していないと精神的に安定していないために多少の下落でも焦ってしまい、結果としてその後得られただろう利益を逃してしまうのです。

為替レートとは一直線に上昇、または下落するものではなく、途中に調整を挟みながら上昇や下落していきます。この途中の動きに一喜一憂してしまうと、買ったはいいが損切り、売ったはいいが損切りなど中途半端なトレードになってしまいます。

ですので、実際にトレードする際には、事前に必ず損失許容量を把握した上で焦らずに行う必要があります。

FXではレバレッジに注意!

FXトレードの証拠金とレバレッジの意味を教えますでは、FXトレードでは少ない証拠金でもより多額の取引が可能=少ない元手でも大きな利益を稼ぐことが可能になると説明しました。

確かに、少ない証拠金でもテコの原理のレバレッジを掛ければ、その何倍・何十倍(個人の場合は最大25倍)もの取引が可能なので、これは小資金派の方にとってはとても魅力的に映りますよね?

ただ、いくら便利な仕組みであっても、その使い方を間違えてしまえば待っているのは破綻への道になってしまいますので注意が必要になります。

そして、これはFXトレードでも言える事で、いくら小資金で多額の取引が可能とは言ってもレバレッジの使い方を間違ってしまうと、あっという間に損失が膨らむ結果になってしまう可能性があるのです。

レバレッジの掛け過ぎは危険です

このレバレッジの掛け過ぎですが、分かり易いように例を挙げて説明しますね。まずは、USDJPYが1ドル100円の時に10万円の証拠金で1万ドル(100万円相当)を買ったとします。

その後、USDJPYが円安方向になり1ドル110円になった場合、ここで1万ドルを売れば1万ドル×110円=110万円、つまり10万円の利益になりますので、当初の証拠金10万円と合わせると20万円になります。

ただ、1ドル100円で買ったUSDJPYが円高方向に進んで1ドル90円になってしまいました。ここで仕方無く1万ドルを売った場合には、1万ドル×90円=90万円、つまり10万円の損失になりますので、証拠金は10万円-10万円=0円になってしまうのです。

もっとも、実際には証拠金が0円になる前にFX会社からいくつかの警告が来る事になりますが、それについては後述します。

と、このようにFXトレードでは、うまくレバレッジを使って為替レートが思惑通りに動けば、手持ち資金に対して大きな利益を得る事が可能ですが、レバレッジの掛け方を間違えればあっという間に資金が無くなってしまう可能性があるのです。

つまり、FXトレードはハイリスク・ハイリターンと呼ぶ事が出来るのです。もちろん、極力リスクを抑えて取引する事も可能ですが、リスクを抑えればそれだけリターンも抑えられる可能性が高いのもFXトレードの特徴になります。

ですので、FXトレードでは自分に合ったレバレッジで取引する事が求められますので、自分の適正レバレッジの見極めが重要になってきます。

 

万が一の時の備えもしっかりしよう

FX取引において、ストップ設定(ストップロス注文)は、命綱のような役割を果たします。だってそれは、思いもよらぬ大暴落の時でも損失を限定するからです。(ストップは損失を限定するだけのものではありませんが、ここではそういった意味で使わせていただきます)

思い起こせば随分前の話になり、当時のインパクトが大きかったため今でも覚えていますが、2007年から為替市場にとっては非常に激動の年になりました。2007年2月の中国株式市場の暴落を発端にした世界的な株価大暴落により、為替市場も大きな影響をうけクロス円は軒並み暴落しました。

まずは、2007年8月にアメリカのサブプライムローン問題が表面化し、為替市場は2月の暴落を上回るほどの大暴落になりました。そして、2007年10月後半には、再びサブプライムローン問題を発端として、為替市場は2007年3度目の暴落になりました。

その後は、一進一退を繰り返していましたが、2007年年末~2008年初めまでに掛けて為替相場は再び暴落しました。そして、この変動の激しい為替相場は2008年も続き3月、10月と2回もの大暴落に見舞われました。

さらに、2010年から続く欧州危機により歴史的な円高になり2011年3月の東日本大震災後には大暴落が起こりました。このように、2007年からの為替市場では、何度となく暴落に見舞われ、その結果、多数の方が為替市場から退場せざるを得ない状況になってしまいました。

それでは、一体なぜ多数の方が為替市場から退場してしまったのでしょうか?

FXトレードではストップ設定が重要

ここまで下がれば、もう下がらないだろう
ここまできたから、あとは上がるだけなんじゃない?

という自分勝手な思い込みやストップを設定していないFX商材を信じていませんか?それは非常にリスクが高いです。

確かに、ストップロス注文を入れないで含み損を抱えていたら、決済=損失確定ではありませんので、負けた事にはなりませんが、そんな事をしていたら近い将来必ず破滅する事でしょう。

また、多大な含み損を抱えていれば毎日毎日為替レートが気になってしまい、夜もおちおち寝ていられないなどの精神的な問題も起こってきます。

ですので、ポジションを持った場合には自分の損失許容量の範囲内で必ずストップロス注文を入れてください。FX取引においては、為替レートが気になって眠れないなんて本末転倒なのです。

それから、ポジションを保有する場合ですが、ストップ設定に関して経験則で書かせていただくと、ポジションスクウェア(ノーポジション)時にあらかしめどこにストップを設定するか決めておく事これが重要になります。

だってそれは、ポジションを持ってしまうと少なからず自分の思い込みというか願望が入ってしまいがちになりますが、ポジションスクウェアの場合は、冷静に相場を読む事が出来るからです。

という訳で、あなたがトレードを行う場合は、あらかじめ自分の損失許容量の範囲内で必ずストップ設定を行って下さい。ストップ設定は、あなたの命綱のようなものです。

ブログランキング

-FX, 資産運用

Copyright© 複業生活でマルチな収入を得る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.