1つの仕事、会社では物足りなくなってきたという人が増えてきた時代。誰もがいくつもの仕事をもって、稼ぐことができる情報を配信します。

複業生活でマルチな収入を得る

FX 資産運用

今からでも遅くない!?FXの始め方

更新日:

FXとは、手持ちの範囲を超えた資金で外貨に投資することができる外国為替証拠金取引です。手持ちの資金が少額でも大きな取引ができることや、手数料の安さ、24時間取引可能であるといった点などから、比較的、誰でも手軽に始めやすくなっています。ただし、実際にFXで稼ぐためにはコツが必要です。そこで、FXで稼ぐための基本的なポイントを3つ紹介します。

ルールを決めて計画的に取引を行うことが大切!

気軽に始めやすいFXですが、トレードを行う際には直感だけで動くのではなく、計画性を持って取引を行うことが利益を得るためには大切なポイントです。

特に、FXを始めた当初は、自分なりのルールをしっかりと確立させてから始めることが重要となります。試しに一度トレードをしてみたら損失が出てしまった場合、その損失がたとえ少ない金額であっても、損をした分だけ手元に取り戻したいという気持ちが芽生えやすくなるものです。

そして、焦る気持ちから冷静な判断ができなくなり、失敗を繰り返しているうちに、思いのほか大きな損失を抱え込んでしまうこともあります。 ルール作りでは、まず1日の利益額の上限を決めることが必要です。上限額まで儲かったら、それ以上はトレードしないように自制しましょう。どんなに調子のよいときでも、限度なくトレードすることはリスクが高い挑戦です。

FXでは1回のトレードが大きな利益を生むこともありますが、1回の失敗で今までの成功すべてを一瞬にして無駄にすることも簡単に起こり得ます。大きな損失を抱え込んでしまうと、あとで挽回することが難しくなるので、常に最小限の損失に抑えておくことが、利益を狙って長く取引を続けるためには大事です。

また、リスクがあることを踏まえて、失敗しても生活に支障が出ない余裕資金で運用することも方法となります。加えて、損切りを適宜行うことも損失を最小限に抑えるためには大切です。回復が見込めず利益にならないことがわかったら、迅速に決済手続きをして損切りしましょう。

FX会社選びでは3つのポイントをチェック!

FXを始める際には、FX会社に口座を開設することが必要です。数あるFX会社のなかからどの会社を選んで利用するかは勝率にも大きな影響を与えます。FX会社選びの基本のポイントとなるのが、相場の動きを読むために欠かせない情報量の多さです。また、常にレートは動いているため、注文してから成立するまでの動きがスムーズである約定力の高さも大切となります。

加えて、重要なポイントとなるのが、スプレッドの狭さです。スプレッドが狭い会社を選べば、コストを押せることも可能となります。 そもそもFXは、ほかの外貨投資に比べて手数料が安く、多くの会社で取引手数料が無料となっています。ただし、取引に際して手数料がかかっていないのではなく、スプレッドに含まれていることが通常です。

為替レートはいつでも変化するものであり、その変化で生じる売値と買値の差を利用することで利益を狙うのがFXの取引となります。この売ったときと買ったときの価格差をスプレッドといい、スプレッドの狭さは会社によってさまざまです。同額通貨のトレードをした場合、スプレッドが40円のFX会社と20円のFX会社ではトレード1回につき20円の差が生じます。どのくらいのコスト差が出るかは取引回数によって変わってくるものですが、取引の頻度が高いのであれば特にチェックしておきたい重要なポイントです。

初心者なら、まずはトレンド相場に乗ってみる!

FXで儲けるためには為替相場の動きを予測することが重要となります。しかし、実際に一般の人が相場の動きを正しく予測することは難しいのが現実です。そのようななか、初心者でも特徴さえ押されば、比較的利益が出しやすくなるのが、トレンド相場に乗る方法となります。トレンド相場とは、為替相場の上昇や下落が一定の割合で流れている相場です。流れに逆らわずにトレンド相場に乗ると利益を得やすくなります。

現在の為替相場が上昇トレンドや下降トレンドかを判断するために1番分かり易い方法が、このトレンドラインを引く事になります。

このトレンドラインとは、現在の為替相場が上昇しているのか?下降しているのか?について、線(ライン)を引く事によって判断する事が可能なのです。そして、このトレンドラインを見る事によって、一目で現在の為替相場が上昇トレンドか下降トレンドかが分かります。

トレンドラインの引き方

先程上昇トレンドでは安値が切り上がっている状態、下降トレンドでは高値が切り下がっている状態だと説明しました。つまり、トレンドラインは切り上がる安値と安値、切り下がる高値と高値を結ぶ事によって引く事が出来ます。

上昇トレンド

下降トレンド

相場の流れには大きく分けて、高値や安値を徐々に切り上げる上昇トレンド、反対に段々と切り下げていく下降トレンド、一定の価格帯内で動く横ばい(レンジ)の3つのパターンがあります。上昇トレンドのタイミングに乗るときには、安く買って高く売り、利益を重ねていくことが可能です。一方、下降トレンドの場合には、価格が下がる前にまず高く売り、そのあとで安く買い戻す行動を取ることが必要となります。また、横ばいのときには、売値と買値の価格差が生じにくいため、トレードを行わないことが基本です。紹介した3つのポイントを押さえて上手に利益を出しながらFXを楽しみましょう。

FX証券口座の選び方は?ポイントは3つ!

初めてFXにチェレンジする際に重要なことが、FX証券口座の選び方です。FXを始める場合には、FXを取り扱う証券会社で口座を開く必要があります。適当に証券を選んでしまうと損をしてしまう可能性もあるため気をつけましょう。

1.最低取引量のチェック

証券口座選びのポイントとしてまず挙げられるのが、最低取引数量です。FXを始める際には資金が必要になります。最低取引数量が大きい証券だと、それだけ多くの資金が必要になってしまうのです。初心者の場合には、できるだけ裁定取引数量が少ない証券口座を選ぶようにするといいでしょう。

2.手数料のチェック

手数料が安いかどうかです。ほとんどの業者では、取引手数料が0円であることが多いのですが、この際注目してほしいのがスプレッドになります。スプレッドとは売値と買値の差のことを指しており、この値が狭いほど取引ごとの手数料が安くなります。米ドル円のスプレッドの場合には、0.3銭以下であれば業界最狭水準になるため、目安にするといいでしょう。

3.ツールは使いやすいか?

取引ツールの使いやすさ・見やすさも重要です。特に初心者の場合には、注文方法が複雑であったり、グラフの見方が独特だったりする業者での取引は難しいでしょう。また、スマートフォンでFXを行うこともあるでしょうから、スマートフォンに対応しているかどうかも大切です。

 

リスク分散のための分散投資を行う

リーマンショックや取り締まりの強化によって、今はほとんどありませんが、FX会社へ預けていた証拠金が、会社の経営破綻によって戻ってこないなんて事になったら、今後トレードを続けていく資金が減少、または無くなってしまう可能性がありますよね?そうならないためにもトレードを行う場合には顧客の証拠金をきちんと分別管理しているFX会社へ、それも複数口座開設される事をお勧めします。

自分の資産は自分で守る、これはFXトレードにおいてはとても重要な事になりますので、会社に万が一の事があったとしても自分の資産が全て無くならないように、リスクの分散は必要になります。

また、複数の口座を登録することで、自分にどの証券があっているのかを見つけることができますし、キャンペーンなどでお得なキャッシュバックもあったりするのでお勧めです。

ブログランキング

-FX, 資産運用

Copyright© 複業生活でマルチな収入を得る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.